valorant

valorantでヘッドラインを練習する方法【量をこなせば必ず上手くなる】

2022-08-14

ヘッドラインとは、敵がいた場合の敵の頭の高さのことです。

クロスヘアをヘッドラインに合わせておくと上下にマウスを動かす必要はなく、地面と平行な方向にマウスを動かすだけで敵の頭に当てることができます。

VALORANTがうまい人でヘッドラインが合っていない人などいません。

VALORANTを手っ取り早くうまくなるためには練習必須です

ヘッドラインが合うわけがない状況でヘッドラインを合わせようとしていませんか?

ヘッドラインが合わないのは、

  • 経験不足
  • 複数の射線が通っている
  • 2箇所以上の敵に撃たれるポジションにいる。
  • 敵が自分の見てない場所から撃ってきて倒される。

という理由があるでしょう。

「経験不足」であれば、以下で説明するように、意識的にデスマッチやコンペティティブをやっていけばそのうちできるようになるはずです。

他の理由では、もはやヘッドラインの問題ではありません。

敵が出てくる場所やクリアリングの順番が正しくないと、いくらヘッドラインがあっていても別の場所から撃たれて倒されるだけです。

ヘッドライン合うは癖づけるしかないので、デスマッチやコンペティティブで常に意識することが重要です。

ヘッドライン以前に意識すること

  • 複数の敵と同時に戦わず、できる限り一人ずつ倒す。
  • 敵の射線は遮蔽物、スキルでできる限り絞りながら、1箇所ずつプリエイムでクリアリングしていく。

ヘッドラインが合わないだけの人は、

  • いつも正面の撃ち合いに負ける、
  • ヘッドショット率が非常に低い。」

という状態でしょう。こういう方は、この記事を読んでヘッドラインを練習してください。

参考にして頂けると嬉しいです。

ヘッドラインの練習方法

おすすめはデスマッチで「敵の頭はこれくらいの高さかな?」と常に意識しながら敵を倒すという練習方法です。

角で敵を待って倒してもいいです。足音を聞いてもいいです。とにかくヘッドラインを常に合わせようとしてください。

ヘッドラインの練習中は、何よりもヘッドラインを意識してください。

よく、「マップ内の箱の高さがヘッドライン」という目印がありますが、そんなことうまい人たちは考えていません。

「大体このくらい」を何度も練習してください。

意識して練習していくことが重要です。

ただ何も考えずにデスマッチやコンペティティブを回すのはやめましょう。

ヘッドラインに合わせるコツ

ヘッドラインに合わせるコツは、敵の位置を予測することです。

敵が近いのか、遠いのかでヘッドラインは変わります。遠いほど下で、近いほど上になります。なので、敵の位置がわからないと正確にヘッドラインはわからないのです。

つまり、「敵の位置を予測して、その敵が出てきそうな場所にクロスヘアを置くこと。」がヘッドラインを合わせるコツでしょう。

ヘッドラインの目印などはありますが、その目印はどこにでもあるわけではありません。

結局は予測してヘッドラインを合わせるしかないのです

慣れ経験が大事なので、意識して練習するのみです。

どうしてもヘッドラインよりも視点が下がってしまう場合

これは、仕方がありません。

まだ無意識に視点をヘッドラインに合わせることができていないだけだと思います。

「視点が下がってるな」と気づくことが重要で、そこから直していく、気づく、直す。

これ繰り返しこそがヘッドラインを意識して練習することになります。

完璧になるには時間がかかりますので、根気よく続けていきましょう。

まとめ

正直、練習あるのみです。大事なことは意識することです。それでうまくなります。

まとめ

  • ヘッドラインが合うのは、敵の位置がある程度わかっているから。
  • 癖なので、意識してたくさんプレイするしか方法はない。
  • デスマッチでヘッドラインを意識して練習しよう。

もし、低品質のマウスやモニターを使っているのであれば、必ず高品質の物を買いましょう。

私はマウスGPRO SUPERLIGHTを使っています。

モニターはAcer VG252QXbmiipx です。

valorantにおすすめのマウスをまとめましたので、こちらもご覧ください。

-valorant