広告 キーボード デバイス

【RealForce GX1 レビュー】VALORANTでも仕事でも満足できるキーボード

2024年2月10日

キーボード界の人気ブランド「東プレ」。

東プレはゲーミング用、しかもラピッドトリガー機能(GX1ではダイナミック モード機能)搭載のVALORANTに最適なキーボードを発売した。

個人的にかなりおすすめできるキーボードだ。

RealForce GX1のレビュー

気に入ってるポイントは

  • 打鍵音
  • 打鍵感
  • ラピッドトリガー
  • 重さ (重め)
  • テンキーレス

だ。

気になるポイントは

  • デザイン
  • RGBライティングいらなくね?

だ。

RealForce GX1の打鍵感、打鍵音

まず、東プレのキーボード打鍵音、打鍵感が良い。

「スコスコ」、「カタカタ」という音がする。

この動画が良い参考になる。

この落ち着いた打鍵音で

  • ラピッドトリガー
  • 1キー毎に設定できるソフトウェア

が使用できるゲーミングキーボードはなかなか無い。

ゲーミングキーボードって「カチャカチャ」とか「カチカチ」とか高い音が鳴る傾向にある。

RealForce GX1のデザイン

見た目はかなりシンプルで、いわゆる「ゲーミング」感が無い。

シンプルが高級感という表され方をするが、GX1は開封時に「無骨」「特徴がない」という感覚が強かった。

正直RGBライティングが「これ必要なくね?」と思うくらい似合わない。

個人的にはギラギラしたゲーミング感が苦手なので、このデザインはありがたい。

傾けてキーボードを使う場合も、あまり大きさは気にならないテンキーレスだ。

VALORANTプロでもかなりキーボードを縦に傾けて使う人も多い。

GX1もこの使い方ができないわけではないが、小さいキーボードではないので、60%キーボードにこだわる人は注意したい。

RealForce GX1のソフトウェア

ソフトウェアも普通に使いやすく、設定できる項目は大きく分けて

  • アクチュエーションポイント
  • ラピッドトリガーの感度
  • ライティングの設定
  • キー割り当て設定

の4つだ。VALORANTをやるならこれくらいしかいじらない。

また、自分のカスタム設定を2個まで保存できるので、

  • ゲームするときは反応感度を高く
  • タイピングミスを減らすために反応感度を低く

など、仕事用、ゲーム用の設定を切り替えやすい。

RealForce GX1の重さ

重めの重量なので、キーボード激しくボタンを押したり、マウスが当たったくらいではキーボード本体がズレにくい。

タイピングしている時も「安定感」があるという感じ。

RealForce GX1:全体的なまとめ

価格は高いが相応の性能が望める国産キーボードだ。

入手性も高いし、

しかし、気になる点が2だけある。

  • シンプルすぎるデザイン
  • RGBライティングの似合わなさ

だ。

なので、ライトアップがきれいなゲーミング感満載の部屋には似合わない。

落ち着いた雰囲気のシンプルな部屋、シンプルな仕事部屋に似合う感じだ。

半年以上使っているが、他のゲーミングキーボード(Duckyなどのメカニカルスイッチのキーボード)に比べて使い心地が非常にいいと思う。

RealForce GX1のラピッドトリガー、正直どうなの?

発売当初はラピッドトリガーの精度が低かったが、現在ファームウェアアップデートで他のキーボードと同じレベルの精度となったので全く問題ない。

これがラピッドトリガー搭載の代表的なキーボードをまとめた表。

ラピッドトリガーの精度は数字が小さいほど高性能。

製品名ラピッドトリガー最高精度 価格
ZENAIM KEYBOARD0.05mm¥43,800
Razer Huntsman V3 Pro0.10mm¥46,900
Razer Huntsman V3 Pro TKL0.10mm¥41,500
Razer Huntsman V3 Pro MINI0.10mm¥35,800
SteelSeries Apex Pro TKL Wireless0.10mm¥43,480
SteelSeries Apex Pro TKL 0.10mm¥32,200
SteelSeries Apex Pro MINI Wireless0.10mm¥39,180
SteelSeries Apex Pro MINI0.10mm¥28,850
VXE ATK680.10mm¥18,800
DrunkDeer G650.10mm¥17,100
DrunkDeer A750.10mm¥20,000
Boog750.10mm¥39,600
ELECOM VK600A0.10mm¥22,980
Realforce GX10.10mm¥33,000
Wooting 60 HE0.15mm¥25,200円+送料

他のラピッドトリガーキーボードもコチラで見ることができる。

RealForce GX1 :まとめ

まとめると、RealForce GX1は

  • ラピッドトリガーの性能は心配なし
  • デザインがシンプルすぎ
  • 打鍵感が良く、タイピングも気持ちいい
  • RGBライティングは似合わないキーボード

という感じ。

ゲームだけでなく、タイピングすることが多い人にかなりおすすめ。

逆にデザイン重視で、ライティングが大事な人には少しお勧めできない。

他のラピッドトリガーキーボードが気になる方はコチラー>【精度と価格で比較】ラピッドトリガー搭載キーボードを一覧にしてまとめました

-キーボード, デバイス